2007年06月10日

2作品を購入しました

DMMからアフィリエイトの振込みがあったので、蛇縛の拷問折檻8と地獄の女神を購入しました。一本鞭責めが見たくてたまらず衝動買いです。そのうち短評を書こうと思います。

ここ2年ほど蛇縛は苦痛度の高い作品を提供してくれて嬉しい限りです。

来月は「拷問の館」の2作目が発売されるようで、期待が高まります。

拷問の館2 長谷川あゆみ
蛇縛の人間サンドバッグ

それに加えて「人間サンドバック」!私の妄想を刺激する題名です。あまりに衝撃が大きかったので画像を貼らせてもらいます。


posted by AWAWA at 10:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
今回の2作品は期待しています。
でもアタッカーズの作品のほとんどはヘアーを剃らないですよね。そこをもう少しひねって、ヘアーを引きちぎったりするプレーを見たいですね。
実際、プレーで引き抜くときは束で掴んで斜めに引きちぎると皮膚も少し裂けてかなり強烈なプレーになります。以前はどて焼きなどもやりましたが、臭いが残ってしまうのと、慣れるとあまり感じないようなのでやめました。
水野ほとりさんは関西マニアクラブの作品でかなりハードなプレーをミラ狂美さんとやっており、スタンガンなんかも使っての本格的な拷問プレーにも耐えられるので、アタッカーズでもそのレベルの物を期待します。
Posted by god at 2007年06月11日 01:05
スタンガンとはすごいですね。「人間サンドバッグ」では腹に飛び蹴りを食らわしている場面があるようなので期待が膨らみます。こうした苦痛度の高い拷問プレーはヨーロッパのSMビデオだと年季のはいったベテラン女性が出演していることが多いのですが、水野ほとり嬢のような若い女性が披露してくれるのは本当に嬉しいことです。

Posted by AWAWA at 2007年06月18日 02:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4323156

この記事へのトラックバック