2003年02月11日

体罰女学院 CLIMAX

レーベル:シネマジック・NOIR CN-305
出演:
苦痛度:★★★

体罰女学院は殴る、蹴るという暴力的な責めの場面を多く含むSMビデオで、その1巻から8巻までの総集編。90分。

苦痛度が高いのは「人間サンドバック」というタイトルで編集されている部分で、女性が腹を蹴られたり殴られたり突き飛ばされたりする。

二十歳前後のそれなりに可愛らしい女性が、両腕を頭の後ろで組まされて無防備な腹を殴られる場面など、一昔前のビデオでは考えられなかったことで、それだけでも素晴らしい。苦痛度「強」。

(2001年10月7日)

*

この作品の1コーナである「人間サンドバック」には女性を殴ったり蹴ったりする暴力場面が収録されている。この中でも写真で引用した4番目の場面が一番のお気に入りである。

*江本友紀嬢扮する女性捜査官が腹や尻を蹴られる。 両手吊り、着衣。きつい蹴りが腹に決まる。 (「体罰女学院2」から)

*太目の女性への腹蹴り、尻蹴り。 頭の後ろで両手を縛り、全裸。

*滝沢かなえ嬢扮する女教師への腹蹴り。 数を数えながら蹴り続け「いい音しましたねえ」と横から野次が入る。 滝沢嬢は蹴られるたびに「いたっ」と繰り返す。 頭の後ろで両手を縛り、半裸。 (おそらく「体罰女学院3」から)

*女子高生役の女性が、腹を何度も蹴られ、 踏まれ(写真)、突き飛ばされる。腹蹴りは何度も行なわれ 最初は3発までは耐えていた女性も、最後には1発蹴られただけで 倒れてしまう。 頭の後ろで両手を縛り、全裸。 (「体罰女学院4」から)

*女教師役の女性が顔、腹、尻、足を蹴られる。 後手に手錠で背後から男が抱えているので倒れることが出来ない。 途中から抱えあげられて股間殴り。 全裸。 (「体罰女学院5」あるいは「6」から)

*女生徒役の女性が、腹を殴られ、尻、足、腹を蹴られる。 女性の反応が無いため盛り上がらない。 手錠をしたり外したり。半裸。 (不明)

*女生徒役の女性を何度も突き飛ばす。 立ち上がれなくなっているのを無理やり立たせるが、 ばったりと倒れてしまう。殴り蹴りは無し。 頭の後ろで両手を縛り、全裸。 (「体罰女学院5」あるいは「6」から)

cm.cn_CN-305.gif
写真は「体罰女学院 CLIMAX」の1場面から。全裸の女性が腹を踏まれている場面。この女性は腹蹴りを何発もくらう責めを受ける。その合間の腹踏み場面。斑点のように見えるのは腹蹴りの前に受けた蝋燭責め蝋である。


(2003年2月11日)

posted by AWAWA at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 苦痛度★★★
この記事へのコメント
什么啊 你好
Posted by at 2006年06月19日 14:49
体罰女学院見てみたいです
私は女なのでお店に行って買う事ができません(泣)
Posted by しのぶ at 2008年11月11日 01:39
DMMは通販で購入できます。ぜひご覧ください。



Posted by AWAWA at 2008年11月15日 10:20
你说呢
Posted by 越前 at 2008年12月07日 18:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4216730

この記事へのトラックバック