2002年05月12日

葵伝説/赤坂ブルーシャトー

レーベル:アロマ企画 QC-02
出演:
苦痛度:★★★
タグ: 一本鞭責め

赤坂ブルーシャトーというSMクラブでのショーの映像を編集したもの。非常に強烈な鞭打ちを鑑賞できる。

3人の女性が責められるうち、私のお気に入りは3人目の「りんだ」と呼ばれる女性への責め。

最初は手足を縛られて仰向けに宙吊りなところを、ショーの見物客に打たれる。客の男性が手加減せずに打つ。女性は力を抜くとUの字に体が下がってしまうので、力を入れて体を弓なりにしているところを鞭で打たれる。ビデオで見られる半端な鞭ではなく、鞭で打たれると肌に鞭跡が残り血がにじむ。「舌をかむ」からと主催者の葵マリー氏が女性にタオルを噛ませたりする。

続いて両手を上げた格好で立たされ、鞭で体を打たれる。長さ2,3メートルの鞭(風を切る音が金属音を思わせる)や乗馬鞭などで延々と鞭打たれる。そのたびに体に赤い傷跡ができていく。こんな激しく鞭打たれても人間は死なないのだとある意味感心させられるほどである。女性の痛がり方、怖がり方を見ていると、意外なことに一本鞭より乗馬鞭の方が痛いようだ。

続いて床に足を開いて転がされ、股間に付けたクリップを鞭で叩き落される(このクリップも固そうだ)。絶叫して逃げようとするが、左右の腕と足を見物客の男達に押さえられ逃げられない。股間を鞭で10回以上打たれる。

ショーの内容は強烈なのだが、ショー自体は明るい雰囲気。見物客がビールやウーロン茶を頼む声などがとびかう。照明も明るくて、変に雰囲気を出すための演出も無い。ショーの途中で鞭が見物客をかする事故があり、傷を冷やすために氷を手渡す場面や、女王様役の女性がその客に謝ったりする場面も収録されていて面白い。

(2002年5月12日)

*

写真を追加。鞭傷がわかりにくいかもしれないが傷だらけである。

aroma_QC-02.gif
写真は立位で鞭打たれる女性の上半身。体の側面にいくつもの鞭傷が水平に付いている。長い鞭は体に当たると巻きついて側面に多く傷を残すようだ。乳首に付いているのは黒い金属製のクリップ。


(2003年2月11日)
posted by AWAWA at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 苦痛度★★★
この記事へのコメント
第1章はもっているのですが、第2章、3章と手に入りませんか???
Posted by 伊東洋一 at 2006年01月25日 13:25
私はアロマから通信販売で購入しました。1万5千円とかなり高価でした。
赤坂ブルーシャトーは私の中では激痛SMビデオで長らく首位でしたが、最近他のビデオが首位になりました。アートビデオの「奴隷通信24」です。赤坂ブルーシャトーを超えるビデオは出ないだろうと思っていたので意外な出来事でした。
Posted by AWAWA at 2006年01月26日 00:28
AWAWAさんはじめまして

半年前のコメントへのレスですみません。
私ブルーシャトーは噂は聞きながらも
まだ見る機会を得ていません。

奴隷通信24はビデオBoxに置いてあるのを
見て、速攻で買いに行ってしまいました。
2万以上かかったけど大満足です。

鞭打ちのハードさはは奴隷24>ブルーシャトー
ですか?
Posted by Otaru at 2006年07月28日 00:49
奴隷通信24は素晴らしいですよね。私はレンタルで見たのですがDVDが手元に欲しくなりました。

2つの作品のハードさについてですが、私の感想では「奴隷通信24」が上だと思います。これを超える作品を私はまだ知りません。出演している森下さやか嬢の肉体の頑丈さが一本鞭の強烈な連打を可能にしていると思います。

「葵伝説」に出演している女性たちは普通の肉体しか持ちません。ブルーシャトーでトレーニングを積んではいるでしょうが、30歳前後の女性が持つ普通の肉体です。どちらの作品も肉体の限界まで責めていますが、肉体が耐えることができる限界点を考えれば、超人・森下さやかにはかないません。

でも「葵伝説」に興味がおありでしたら1巻だけでも御覧になってください。値段は高いですが、責められていた女性たちの涙と苦痛を一人でも多くの方に見てもらえたらと思います。一本鞭だけでなく、乗馬鞭での責めもあります(乗馬鞭も痛そうです)。アロマ社もDVDで安く販売してくれたらよいのですけれど。
Posted by AWAWA at 2006年07月28日 07:19
返答ありがとうございます。

葵マリーは昔「調教24時間」というビデオは
見たことがあります。これもかなり厳しく
鞭打ちやっていましたが、奴隷通信24は
それを遥かに超えていました。
森下さやかは全身あんなにすごい傷だらけ、
ミミズバレになってしまって、日常生活は
大丈夫なのかしらんと心配になってしまう
くらいです。

乱田氏は鞭のハードさでは頭一つ突き抜けて
ますね。(もっとか?)他の皆さんにも追随して
いただきたいものです。
Posted by Otaru at 2006年08月06日 16:40
このシリーズのDVDを手に入れたいのですが、どこで購入できますか?
Posted by 伊藤洋一 at 2009年01月03日 17:42
いいねえ 鞭打ちは
Posted by at 2016年01月24日 15:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4216712

この記事へのトラックバック